独自のノウハウを伝授!飲食を始める方必見情報

まずは見て下さい!独自ノウハウで飲食を起業

自分の店舗が出来る実感を

どんな風にデザインや工事をするの?

自分の店舗を持てると確信するのが、内装工事やデザインに携わっている時です。自分の考えややりたかったデザインを思い存分依頼したいところですが、まずは利便性を第一に考えるのが先決です。
デザインは口頭で説明するのが難しいので、できる限り図面に起こす、または依頼する施工業者や担当者が分かりやすいようにしましょう。
打ち合わせを行った後はキッチンのオープン・クローズや、ライトコントロールといった細部を決めていきます。その際にも顧客が利用しやすいようにという部分を一番に考えると良いですね。
近年では個性ばかりを活かした店舗もあり、最初は物珍しさで客足が多くありましたが結局不便な場所は長く繁盛するケースは多くありません。

人材採用と教育について

自分だけで切り盛りできる簡易的な飲食店であれば人員採用は不要ですが、飲食店はそうは行きません。ではどの程度の規模であれば人材採用をすべきでしょうか?
営業時間が12時間であった場合調理4名、ホール4名、指示をするリーダー2名の9名、そして店長を1名配置の10名体制が無理なく動けます。また教育についてもサポート企業がありますので、不安であれば事前に相談するのも良いですね。
給与や待遇についてはシビアに行きたいところですが、あまりにも厳しすぎると応募が来ませんし割に合わない労働は人員を潰す事もあります。そのため、周辺の飲食店の条件をリサーチしながらそれよりも少しだけ良い条件にすると長く続けてくれる人材が集まってくれます。


この記事をシェアする