独自のノウハウを伝授!飲食を始める方必見情報

まずは見て下さい!独自ノウハウで飲食を起業

資金調達について学ぶ

必要な資格や書類はどんなもの?

立地する店舗を決めたら一歩前進した気になりますし、喜びもでてきます。しかしここで忘れていけないのが、必要や資格や提出しなければならない書類です。
飲食店を展開する際に、最低限必要な資格は食品衛生責任者防火管理者です。食品衛生責任者は正しい衛生管理をするための資格で、各都道府県で開催している講習会を受講します。講習期間は1日で、費用は10000円ほどです。
店舗に収容する人数が30名を超える場合には、防火管理者も必要です。防火管理者は消防署が実施している講習会を受け期間は1~2日程度、費用は5000円ほどになります。
あとは店舗によって調理師免許や深夜営業を行う場合は「深夜における酒類提供飲食店営業」の届け出が必須です。

資金調達は店舗の質につながる?

当然のことながら、何か行動をする場合に少なからず資金が必要になります。飲食店の場合はどのくらいの資金が必要になるのでしょうか?
規模や提供するサービスによっても大きく異なりますが一般的には700~1200万円ほどです。ただし冒頭で申したような居ぬき物件であれば、ある程度の設備がありますのでコストは低くなります。
これらの資金が一括で支払えれば問題はありませんが、そのようなケースは稀ですし基本的には金融機関からの借り入れになります。そこでぜひ利用して欲しいのが、融資をサポートしてくれる企業です。市町村によっては助成金や融資が受けやすくなる制度もありますし、女性起業家を応援する制度もあるので、イチから資金集めをするよりも負担が少なくなります。


この記事をシェアする